スーツ 手入れ

このページでは、普段のスーツの手入れについて紹介しています。せっかくいいスーツを購入したのに、しわが寄っていたり、クタクタでは残念です。きちんとスーツの手入れをし、長く着れるようにすることをおすすめします。

スーツ 手入れ ―長持ちする着方

スーツ 手入れ ―スペアのズボン

ジャケットよりも、ズボンのほうが痛みやすいので、スペアズボンを作っておくとスーツは倍長持ちします。

スーツ 手入れ ―休養日

何着か持っているならば交替して休めると、しわも回復します。毎日着続けていると痛無のも早いので、続けて着ないのはスーツのお手入れの鉄則です。二日おきと考えましょう。

スーツ 手入れ ―しわとり

しわができたら、その日のうちに蒸気にあてて取ってしまうこと。わざわざアイロンをかけるスーツの手入れをしなくても、霧吹きで水をかけたり、お風呂の蒸気にしばらくあてるだけでスーツの手入れの効果があります。

写真
スーツ 手入れ 1
長持ちさせるコツは、一つのスーツを着続けないことです
写真

スーツ 手入れ ―普段のお手入れ

スーツ 手入れ −ポケットのものはすぐに出すクセを

型崩れの原因になるので、重い財布や手帳は入れないようにしましょう。

スーツ 手入れ −ハンガーにつるす

脱いだまま椅子にかけっぱなしにするのではなく、面倒でも厚みのあるしっかりしたハンガーに掛け、スーツの手入れをしましょう。ズボンは、ズボン専用のハンガー(2箇所クリップがついたもの)に、ズボンの裾を上にして吊るします。特にウール素材は、このスーツの手入れ方法でしわがかなり回復します。

スーツ 手入れ −ブラッシング

1日着ただけでも、ホコリやチリが付着してしますのでスーツの手入れをしっかりします。ブラッシングで、汚れが中まで入るのを防ぎましょう。上から下へと毛並みに沿ってホコリを掃き出す要領でブラシをあてて手入れをします。衿、ポケット、裾なども念入りに。週末にまとめてスーツのお手入れをするのも良いでしょう。

スーツ 手入れ −スチームに当てる

片足づつズボンの折り目をそろえて、アイロン台にのせます。アイロン跡がつかないように、当て布をしてスチームアイロンを掛け、スーツの手入れをします。 特に、このスーツの手入れをする場合、しわを伸ばすように軽く片手でズボンを伸ばし加減にするときれいに仕上がります。ジャケットの背中や袖にもスチームを当てると見違えるようになります。タオルを丸めて袖の中に入れ、台にするときれいに形が整います。このスーツの手入れ方法で、ウール素材は風合いが回復し、臭いも取れます

写真
スーツ 手入れ 2
ポケットの中身・ハンガーに吊るす、最低これだけでも毎日こなしましょう
写真

スーツ 手入れ ―しみがついたら

食べ物などのしみがついたら、ハンカチやティッシュですぐに吸い取ります。 このとき、こすると帰って汚れがしみこんでしまうので注意してください

家に帰ったら、水か中性洗剤を薄めた液をタオルにつけ、下に乾いたタオルを当てて、上から軽くたたきます。汚れを下のタオルに落とすイメージです。最後に、水で絞ったタオルでたたき、軽くしみの周りをぼかしておきます。自信のない方は、いじらずに、スーツの手入れをクリーニング店に任せるのが無難。

写真
スーツ 手入れ 3
しみをおとすときは、下に当てた布に汚れを移動させるイメージで
写真
content


転職サイトFind Job ! | アルバイト | 派遣 | SOHO | 就職 |

スーツ 手入れ