シャツの種類

実はシャツの種類は非常に多いです。よって、目的用途に応じて種類を選択することが必要となってきます。ここでは、ビジネスシーンに適したシャツの種類を紹介していきます。

シャツの種類

ワイシャツオーダー専門店「MARUKO」さんのシャツ用語集をざっとみただけで、くらくらしてくるくらいのシャツの量。ここでは、ビジネスシーンに対応したシャツの種類の解説をしていきます。

写真
写真

シャツの種類 -ワイシャツ

「ホワイトシャツ」・white shirtがなまったもの。背広に合わせて着る、ネクタイとともに着用する、台衿・カフスつきのシャツの種類を言う。関西では、カッターシャツと呼ぶ。


写真

シャツの種類 -レギュラーカラーシャツ

その時代の長さや開きが最も標準的な衿型のシャツの種類ことを言う。時代によって多少変化します。


写真

シャツの種類 -ワイドカラーシャツ

襟の開きが大きい(120°〜)シャツの種類。 すっきりした・暑苦しくない印象になるシャツの種類です。


写真

シャツの種類 -ダウンカラーシャツ

衿先をボタン留めにした衿の総称。ボタンダウンのダウンとは、ボタンで留めるの意。襟裏でとめるタイプのダウンカラーというシャツの種類もある。


写真

シャツの種類 -クレリックシャツ

襟と袖部分だけ色が違うシャツの種類こと。クレリックとは「牧師、聖職者」の意で、かつて牧師が着たシャツにちなんで名付けられた。ネクタイを合わせても、ノーネクタイで着用しても白い衿と身頃の柄がエレガンス度UPに貢献してくれるシャツの種類です。


写真

シャツの種類 -ボタンダウンシャツ

カジュアルなボタンダウンシャツは公式感に乏しいので、正式な席では避けましょう。



写真
シャツの種類
趣味性の高いシャツは、公式な場所では避けましょう。
写真
content


転職サイトFind Job ! | アルバイト | 派遣 | SOHO | 就職 |

シャツの種類