ネクタイ締め方

このページでは、写真を交えてネクタイの締め方を解説しています。 数学的にネクタイをモデル化して分析すると、85通りのノット(ネクタイの結び目)が出来ると言われるネクタイの締め方。結び目が小さいプレーンノット、結び目が大きいウィンザーノットなど、シャツの形や体格によっても似合うノットは変わってきます。

ネクタイ締め方 −プレーンノット

 基本の締め方で、一番簡単な締め方。ネクタイも痛みにくいため、多くの人がこのネクタイの締め方を支持しています。

写真
写真
ネクタイ締め方 プレーンノット
プレーンノットに合うシャツ :レギュラーカラー、ダウンカラー
写真

ネクタイ締め方 −ダブルノット

プレーンノットより巻く回数が一周多い分、少しだけ結び目にボリュームを持たせることができます。思ったほど大きくならないので、上品に仕上ります。大きくなってしまった場合は、結んだ後、左右をつまんで長方形に近い樽型にすると良いでしょう。

写真
写真

ネクタイ締め方 −ダブルノット
ダブルノットに合うシャツ :衿がやや長めのレギュラーカラー、ボタンダウン

写真

ネクタイ締め方 −ウィンザーノット

もっとも幅広でボリュームのあるノットになるネクタイの締め方です。 短くなりすぎてしまう場合があるので注意が必要です。大剣を左右にかける時に、締め具合を均等にするのがコツです。

写真
写真

ネクタイ締め方 −ウィンザーノット
ウィンザーノットに合うシャツ :ワイドカラー

写真
content


転職サイトFind Job ! | アルバイト | 派遣 | SOHO | 就職 |

ネクタイ締め方